平敷教育長「極めて残念」 薬物乱用防止教育を強化

会見する平敷教育長(右から2人目)=6日、県庁

 大麻所持などで県内の高校生らが検挙された事件を受け、県教育委員会の平敷昭人教育長は6日、県庁で記者団に「極めて残念だ。県警やPTAなどと連携して薬物乱用防止教育強化に努める」と述べた。
 「複数(の検挙)は聞いたことがない。今回の数は危機感を感じている」と厳しい表情で語り、薬物に関する指導方針を見直す考えを明らかにした。
 学校現場で薬物に対する教育を徹底してきたが「生徒によっては、十分に理解してもらえなかった。薬物の間違った情報が流れているかもしれない」と危惧した。
 県教委は各学校に対し、「薬物乱用緊急対応マニュアル」を配布。県警とも協力して、薬物乱用の防止を指導してきた。平敷教育長は、学校、県警、麻薬取締沖縄支所、PTA連合会などの関係機関、家庭、地域社会との連携を強化すると強調。全公立学校に注意を促す通知を出したが、今後、関係機関が連携して緊急アピールを発表する。
 通知文では、児童や生徒がネットトラブルに巻き込まれることを防ぎ、保護者には子どもが持つスマートフォンにフィルタリングをかけるよう呼び掛けるなど7項目を記載している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る