平敷教育長「極めて残念」 薬物乱用防止教育を強化

会見する平敷教育長(右から2人目)=6日、県庁

 大麻所持などで県内の高校生らが検挙された事件を受け、県教育委員会の平敷昭人教育長は6日、県庁で記者団に「極めて残念だ。県警やPTAなどと連携して薬物乱用防止教育強化に努める」と述べた。
 「複数(の検挙)は聞いたことがない。今回の数は危機感を感じている」と厳しい表情で語り、薬物に関する指導方針を見直す考えを明らかにした。
 学校現場で薬物に対する教育を徹底してきたが「生徒によっては、十分に理解してもらえなかった。薬物の間違った情報が流れているかもしれない」と危惧した。
 県教委は各学校に対し、「薬物乱用緊急対応マニュアル」を配布。県警とも協力して、薬物乱用の防止を指導してきた。平敷教育長は、学校、県警、麻薬取締沖縄支所、PTA連合会などの関係機関、家庭、地域社会との連携を強化すると強調。全公立学校に注意を促す通知を出したが、今後、関係機関が連携して緊急アピールを発表する。
 通知文では、児童や生徒がネットトラブルに巻き込まれることを防ぎ、保護者には子どもが持つスマートフォンにフィルタリングをかけるよう呼び掛けるなど7項目を記載している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. JTA八重山支社長兼石垣空港所長 玉城力さん(54)  新型コロナウイルスの感染が広がり、航空…
  2.  沖縄子どもの未来県民会議(理事長・謝花喜一郎副知事)は30日午後、県庁で第2回理事会を開き、新年度…
  3.  沖縄本島でほぼ連日、新型コロナウイルスの感染確認が続いており、離島の八重山でも徐々に警戒感が高まっ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国共産党・政府の暴力的な体質を、世界にまざまざと示した事件だった。  中国当局が学生らの民主化…
ページ上部へ戻る