シュノーケリングで学ぶ サンゴ礁の生き物観察 川平小

シュノーケリングでサンゴ礁の生き物を観察した川平小の児童ら=26日午前、米原ビーチ

 環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域のダイバー10人が26日午前、米原ビーチでシュノーケリング学習を行った。自然豊かで素晴らしい場所を知ってもらおうと環境省が実施している西表石垣子どもふれあい事業の一環。米原ビーチは西表石垣国立公園内にある。 
 児童は泳力別に、6年生2グループ、5年生1フループの3つに分かれてシュノーケリングをした。バディを組み器材の使い方や泳ぎ方の説明を受け、練習をしてからサンゴ礁の生き物を観察した。各グループにはほぼマンツーマンで地域のダイバーがつき、生き物の説明をした。
 6年生の大濵桃花さん(11)は「とても楽しかった。もっと泳ぎたい。畑を作っている魚(栄養の少ない海で生きていくために海草を育てるクロソラスズメダイ)や毒を持っている生き物を見た」と笑顔で話した。
 生徒たちを海に連れて行った崎山絵里子さん(41)は「サンゴがいなくなったらどうする?サンゴがあっての海の生き物がいる」と生徒たちに問いかけた。
 シュノーケリング学習は昨年からスタートし、今年で2年目。生徒たちはサンゴについて座学で3回学び、シュノーケリング学習を迎えた。今回のシュノーケリング学習を振り返り、7月に座学でサンゴ礁で起きている問題や、サンゴを守るために何ができるかを学ぶ予定。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町役場は22日からの3連休を使い、新庁舎建設に伴う現庁舎から仮庁舎へ移転する。仮庁舎の供用開始…
  2.  石垣市の中山義隆市長は市議会3月定例会初日の21日、2020年度施政方針演説をした。中国を中心に、…
  3.  石垣市は21日開会した市議会3月定例会で、石垣島への陸上自衛隊配備計画予定地となっている平得大俣の…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…
ページ上部へ戻る