最優秀に島仲、小池さん 西表上原 デンサ節誕生250年の節目

 「第18回竹富町デンサ節大会」(主催・竹富町民俗芸能連合保存会)が29日夕、西表島上原の中野わいわいホールで開かれた。各島の小・中学校、公民館、役場の代表と一般公募で選ばれた計26人が、デンサ節の調べに合わせ朗々と歌い上げた。最優秀賞には一般の部で黒島公民館代表・島仲亜希さん(34)、子どもの部で登野城小学校代表・小池美寿々(みすず)さん(19)が輝いた。
 西表島上原を発祥とするデンサ節は1769年に宮良里賢が作詞作曲した教訓歌。今年で誕生から250年の節目となる。
 島仲さんは祖父の形見の三線を携えて3度目の出場。「子育てが落ち着き、職場の人や周りの支えに恵まれて出場できた」と感謝。「今年で最後と思っていた。この喜びを祖父に報告し、祖父から学んだデンサ節を黒島の子どもたちに伝えたい」と笑顔で話した。
 4年生の小池さんは昨年優秀賞で悔しい思いをした。「昨年の自分の歌を聞き直して、おばあちゃん(八重山古典音楽安室流協和会の河上美奈子師範)と毎日30分練習した」と振り返り「とてもうれしい」と喜んだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の観光関係者が集まり、島の観光のあり方を論議する「プラットフォーム会議」が24日夜、市健康福…
  2.  岩手・沖縄かけはし交流会(小山雄士会長)の30人は24日午後、第18回石垣島マラソンに合わせ来島し…
  3.  八重山地方は24日、高気圧に覆われて、雲一つない快晴となった。この影響で各地とも最高気温が25度を…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る