連日30度超、熱中症に注意 死亡例も、県「健康管理徹底を」

猛暑の中、海水浴を楽しむ人たち=11日午後、石垣市の新港地区人工ビーチ

 全国的に猛暑が続く中、沖縄も連日、30度を超える暑さとなっており、県によると3日までに熱中症患者が379人発生。7月には農作業中の高齢者が死亡した。玉城デニー知事は9日の記者会見で、健康管理の徹底を呼び掛けた。
 沖縄気象台によると、石垣島では8月に入ってほぼ連日、最高気温は30度を超えている。今月、最も高かったのは6、7日の33.4度。11日は32.5度だった。
 熱中症は暑い場所で過ごすうちに体温が上がり、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能が働かなくなったりして起きるさまざまな症状の総称。
 人は体温を常に一定に保つ仕組みを持ち、体温が高いときには、血管を広げて体の表面に血を巡らせたり、汗をかいたりして体内の熱を外に放出しようとする。これが間に合わず体温が異常に高くなると熱中症になる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る