隣接する県有地に移動 市が撤去要求、反対派工作物 石垣陸自配備

従来置かれていた市有地から、隣接する県有地に移動された工作物=29日午後、旧ゴルフ場前

 石垣島への陸上自衛隊配備予定地の旧ゴルフ場前で、反対派が工事を監視するため設置したと見られる工作物が、従来置かれていた市有地から隣接する県有地に移動された。撤去を求めていた市が29日までに確認した。移動先は県の旧道で、従来より旧ゴルフ場入口に接近した場所になっている。
 市施設管理課は、市有地への工作物設置が道路法に違反するとの認識を示し、29日を期限とする「除去命令」を出していた。しかし工作物が県有地に移動されたことで、工作物は市の管轄ではなくなった。
 同課は「今後は県の対応になる」としており、29日、県八重山土木事務所に工作物の件を情報提供した。これを受け同事務所は、近く工作物撤去を求める警告を出す方針。
 住民によると、工作物が移動されたのは28日夕方ごろと見られる。工作物は簡易なテントで、中にベンチが置いており、市が「除去命令」を出したあとも連日、反対派が中に座っている姿が確認されているという。
 同課が工作物に貼り付けた「除去命令」の文書は取り外され、陸自配備推進派が設置したのぼりなどに結びつけられていた。
 旧ゴルフ場の入口付近では推進、反対両派ののぼりや横断幕も目立ち、同課は「市有地に置かれたものについては、すべて撤去させる方向で調整したい」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  創造性を核とした世界の都市同士が連携し、地域の創造産業の発展と都市の持続可能な開発を目指す「ユネス…
  2.  琉球伝統芸能デザイン研究室(山内昌也代表理事)は24日、県庁で設立会見を行った。琉球時代に士族の間…
  3.  27日に開業を予定しているサンエーパルコ(上地文勝社長)は25日、大型商業施設「サンエー浦添西海岸…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に開かれた県議会米軍基地関係特別委員会で質問した山川典二氏(自民)は、普天間飛行場の移設工事…
ページ上部へ戻る