【視点】離島住民にもしのび寄る「自殺」問題

 石垣市では2013年から5年間で53人が自殺しており、年平均の自殺者数は10人を超えている。思い悩む人に対し、自殺以外の選択肢があることをどう伝え、生き続ける力を与えるのか。3月は国の自殺対策強化月間となっており、この問題を掘り下げて考える機会にしたい。
 警察庁によると、全国の2019年の自殺者数は2万169人で、統計を開始した1978年以来最少だった。原因・動機を特定できたのは1万4922人で、理由で最も多かったのは健康問題で9861人。次いで経済・生活問題の3395人、家庭問題の3039人となった。
 現在「自殺対策計画」の策定作業を進めている石垣市は、昨年12月から今年1月にかけ、市民2000人を対象に自殺に関する意識調査を実施した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は20日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員4人の計5人が新たに新型コロナウイルスに感染…
  2.  八重山農林高校(山城聡校長)のライフスキル科は19日午前、同校で「食育で子育て支援活動~農業高校生…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大がなお続いている。石垣市では、かりゆし病院でクラスター(感染者集団)が…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る