学校でがん教育 助友裕子氏が講義

講演する助友氏=20日午後、八重山合同庁舎

 学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的で20日午後、がん教育研修会が八重山合同庁舎で開催された。講師の日本女子体育大学の助友裕子教授は、「学校におけるがん教育の実際」と題し、講演した。がんについて学校で教える場合、生徒や教諭に悪影響が出る可能性にも言及し、学校側は学年便りなどで家庭に周知すべきと指摘。「心配な家庭には電話連絡をするよう求め、事前面談もすべき」と提言した。指導方法や家庭への配慮について「県内で共有すべき。これから取り組むべき課題だ」と強調した。
 講演の後半は教員らが班に別れ、グループワークに取り組んだ。「がん教育を進める上で困ること」について、書き出し、発表した。具体的な解決策を出せなかった班が多く、「親をがんで亡くした生徒に対し、どのように教えるか」などで悩むとの意見が出た。
 助友氏は、東京都の取り組みや鹿児島の患者会の事例も紹介。学校関係者だけでなく、医療機関などに協力を求め、出前授業の実施を提言した。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  3.  大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボード…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る