協議会、年度内設置へ 本島に「八重山会館」整備

 八重山の児童生徒の大会派遣や、難病患者の通院などの際、沖縄本島で利用可能な宿泊施設となる「八重山会館」の整備に向け、石垣市は、3市町の協議会を年度内に設置する準備を進めている。具体的な整備や運営の手法を話し合い、2020年度中にも予算のめどをつけたい考え。市企画政策課の棚原長武課長は「沖縄本島を訪れる住民の経済的負担軽減や利便性向上につなげたい」と期待する。
 市は1月、竹富町、与那国町と八重山会館設置に向けた協議会を設置する方針で合意。11月には、伊豆諸島や小笠原諸島など、東京都周辺の島嶼(とうしょ)部が中心になって整備した、都内の「島嶼会館」を職員が視察した。
 島嶼会館は島民が安価で利用できる宿泊施設で、稼働率は約9割に達するなど、活発に利用されているという。市は八重山会館整備のモデルとして、島嶼会館を参考にしたい考え。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…
  2.  県農林水産部は19日から、新型コロナウイルスの影響で需要が低迷している県産農林水産物の消費拡大のた…
  3.  石垣市川平地区のわかば幼稚園と川平保育所を統合し、西部地区の子育て支援の拠点施設となる「川平認定こ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る