「道に咲く花にも命感じて」 夏休み恒例の生け花教室

生け花教室に参加した子どもと母親ら。自作の生け花を手に笑顔を見せた=24日午前、與那國氏の自宅

 華道家元の池坊琉櫻会與那國久枝社中は24日午前、毎年恒例の夏休み子ども生け花教室を開催した。主宰の與那國氏の自宅で、3歳児から中学生まで約20人が集まり、ソテツや稲わらで花器を作った。カーネーションやバラ、石垣島内に自生する花を生けた。

 生け花教室は與那國氏の提案で、地域の児童生徒が華道を通して花文化に親しみ、命の大切さを学ぶ機会として始められた。
 今年は小学校高学年や中学生がソテツを使い、母親に付き添われ参加した幼児から小学校低学年までが稲わらで、それぞれ花器と呼ばれる器を自作。使用済みの乳製品の空容器や、オアシスと呼ばれるスポンジ状の土台に編みこんで完成させた。
 與那國氏は、幼少期から華道に親しむことについて「命の教育にもなる。道路に咲く花にも敏感になってほしい」と話し、子どもたちには「花を生けることは、命の尊さを学ぶこと」と教えた。
 娘とともに参加した梅田繭さん(44)=真栄里=は「娘が踊りを習っており、誘われて参加した。生け花は初めての体験だったが、良かった」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第30回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)のサブイベントで6日、久部良漁港隣の…
ページ上部へ戻る