市有地売却に反対呼び掛け 市民連絡会が街頭行進

市有地売却反対などを訴える市民ら=11日午後、市役所前通り

 「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」が11日午後、「ミサイル基地に市有地は売らない!貸さない!市民ウォーク」を実施した。次呂久成崇県議や野党市議、市民ら、110人ほどが参加し、市有地売却反対などを訴えた。
 新栄公園での出発集会では嶺井善共同代表が「水の供給源を危険なものにしかねない計画を進めようとすることへの異議を、一緒にアピールしたい」とあいさつ。
 社民党の長浜信夫市議は「市長の絶大な権力の下で陸自基地が進められている。横暴な石垣市政だ」と強調した。
 参加者らは「民主主義を無視する市長はリコール」「止めよう!自衛隊基地」などと書かれたのぼりやプラカードを掲げて公園を出発。
 太鼓の音に合わせて「市有地売るな!」などと声を上げながら、JA八重山支店前▽730交差点、八重山郵便局前、桃林寺前を行進した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る