高良氏が出馬表明 支援団体、既に設置 参院選

記者会見し、参院選沖縄選挙区に立候補すると表明した琉球大名誉教授の高良鉄美氏=4日午後、那覇市(共同)

 7月に予定される参院選沖縄選挙区(改選数1)に出馬を予定する高良鉄美琉大名誉教授(65)は4日、社大党の党本部で記者会見し、正式に立候補すると発表した。既に同氏の出馬を支援する政党会派や労組、各団体などで構成される連絡会議が設置されており、7日には改めて同会議が主催し、出馬会見を開く予定。
 高良氏は社大党員だが、連絡会議から支援を受けるため、無所属で出馬する。県議会与党会派などを中心に、昨年の知事選や4月の衆院沖縄3区補選と同じ枠組みで選挙戦に臨む。
 この日、高良氏は「辺野古新基地建設はノーだという意思を改めて示さないといけない。工事を止める強い決意だ」と強調し、「玉城県政を国政の場から支える」と述べた。さらに安倍政権が意欲を見せる憲法改正だと強調。「私は憲法を守る立場だ」と話し、9条改正などを阻止する姿勢を示した。
 同参院選には県内企業グループ会長の安里繁信氏(49)=公明推薦=も自民党公認で出馬を予定している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る