離島の暮らし支援策を 玉城氏一問一答

 離島報道各社の取材に対し、玉城デニー氏の一問一答は次の通り。
 ―大差での勝利になった。
 「翁長雄志知事の遺志を私が引き継ぐことへの県民の支えと、私が掲げた『新時代沖縄』などへの期待を込めての得票をいただいた。感激している」
 ―普天間飛行場の辺野古移設をどのように阻止するか。
 「辺野古の基地建設については、移設に反対であるという多くの民意が今回の選挙で表された。私の選挙の大きな争点は、辺野古移設の賛否だった。私は明確に反対を訴え、県民の審判を問うたが、相手候補は賛否には触れず、県民に審判をあおぐ機会を作らなかった。県民が私に信頼を寄せたのは、辺野古移設に反対であるという民意に即する」
 ―子育て支援包括センターの全市町村設置と航空運賃の低減、離島出身生徒の寄宿舎整備などの公約実現に、どう取り組むか。
 「母親が妊娠し、母子手帳が交付され、母子保健がスタートする。包括支援センターを拠点整備し、生まれてから18歳までの切れ目のない支援をすることで家庭負担の中の費用が軽減される」
 「離島の子どもたちが安心安全に生活ができ、勉強ができる環境を作るためには寄宿舎の整備を求められる方は多い」
 「離島と本島との行き来は、主に空路だ。負担軽減が図れるようにサポートする」
 ―離島の観光や農業などの振興策は。
 「生鮮食品を作る人、加工する人、売る人、運ぶ人など分業化し、ネットワークを成り立たせ繋げ、観光と農林水産畜産業、加工、販売を一体化させ、観光・経済の裾野を広げる。従事する県民の裾野を広げたい。離島で生活ができる。離島での暮らしを安定させるために、離島の魅力に目をつけ、伸ばすことが必要だ。シーフードの分野は、まだポテンシャルがある。離島で生活する人たちの生活に還元できる仕組みを作りたい」

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度年末年始官民合同建設現場パトロール(主催・八重山労働基準監督署、建設業労働災害防止協会…
  2.  2019年度沖縄離島体験交流促進事業(主管・県企画部地域離島課)の町長発表会が6日午後、竹富町役場…
  3.  米海兵隊は6日、金武町の田んぼなどで見つかった物体は、訓練で使用した照明弾だと明らかにした。共同通…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国共産党・政府の暴力的な体質を、世界にまざまざと示した事件だった。  中国当局が学生らの民主化…
ページ上部へ戻る