海底で米墜落機を確認 親族の遺影など供える 西表島祖納沖

㊨海底に沈む墜落機エンジン内にジョン少尉の家のレンガ片を、エンジン上にホワード氏の遺影を供えた=25日午前、西表島祖納沖(提供写真)。㊧石垣金星さん宅を訪れ、仏壇に少尉と父親の写真を飾ったマイケル・マカロニン氏=26日(提供写真)

 太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米戦闘機パイロットの遺骨収集に向け、23日から祖納で墜落機の調査をしていたマイケル・マカロニン氏(45)=ニューヨーク州=と、米国の遺骨調査団体の職員ら3人が25日午前、祖納沖海底で同機を確認した。今後はパイロットの遺族に調査結果を報告し、米政府に遺骨収集の実施を呼びかける考え。
 パイロットは同州北部の町・トロイ出身の米海兵隊、ジョン・マクグラス少尉(当時21)。マイケル氏の父・ホワード氏は少尉の高校時代のクラスメートで、米海軍時代の戦友だった。
 同機の調査と遺骨収集作業は1988年に米国専門家らが行い、収集された遺骨6片の身元鑑定も行われており、判明すれば遺族に返還されるはずだが、現在も遺族のもとに還っていない。
 マイケル氏らは、87年夏に同機を発見した地元ダイバー・池間四郎さんの協力を得て25日午前、地元ダイバー3人と遺骨調査団体のジャスティン・タイラン氏(41)の計4人による海底調査を開始、同機を確認した。
 マイケル氏はダイバーに依頼し、海底に沈む墜落機のエンジン部分に少尉の家のレンガ片と、2014年に亡くなった父・ホワード氏の遺影を供えた。
 88年の調査に責任者として携わった石垣金星さん(73)=祖納=が今回の調査にも協力。26日にはマイケル氏らを自宅に招き、「海の底ではあまりにも気の毒。先祖と一緒に供養したい」と提案した。自宅の仏壇には少尉がホワード氏と撮った写真が供えられた。
 調査を終えたマイケル氏は「現地に来ることができたこと、金星さんが供養してくれること、全てに感動」と振り返り「遺族が知っているのは墜落の事実のみ。88年の調査も知らない。まずはジョンさんが祖納にいたことを伝えたい」と話した。タイラン氏は「すばらしい人たちとの出会いのお陰で、死んでいた歴史がよみがえった」と強調した。
 同行した調査団体「KUENTAI―USA」の倉田宇山理事長(63)は「島の人に大きな借りができた」、通訳の赤塚由香理氏(33)は「亡くなった兵隊とどう向き合うかという点で、島の人に日米で共感できるものを作ってもらった」と感慨深げだった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  菅義偉官房長官は5日、宜野湾市の松川正則市長と首相官邸で会い、同市にある米軍普天間飛行場の早期返還…
ページ上部へ戻る