企業内で6次化実現 みやぎ米屋㈱ 自社ブランド米の確立へ

記者会見に臨んだ(右から)、宮城智一常務取締役、比嘉努支店長、宮城隆代表取締役社長、宮城翔伍代表取締役=15日午前、同支店

 沖縄振興開発金融公庫八重山支店(比嘉努支店長)の融資を受けたみやぎ米屋㈱(宮城隆代表取締役社長)が15日午前、同支店で記者会見を開き、融資による生産加工設備導入で、グループ内での6次産業化が実現したと発表した。今後は自社ブランド米を確立させ、外部委託の経費節減などから経営基盤の強化が期待。自社米は11月頃の二期米での出荷を検討している。
 グループ会社の農業生産法人㈱みやぎ米穀(宮城翔伍代表取締役)が「青年等就農資金」として2000万円の融資を受け、第三工場(石垣市字石垣)への米乾燥調整設備と米作栽培に必要な運転資金に活用した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第39回全国中学生人権作文コンテスト沖縄県大会(主催・那覇地方法務局、県人権擁護委員連合会)表彰式…
  2.  県議会11月定例会の本会議が10日、県議会で開かれ、玉城デニー知事は沖縄県LGBT宣言について「国…
  3.  10日の石垣市議会一般質問で中山義隆市長は、4期目を目指すか問われ「市長はそのつど選挙で選ばれる。…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…
ページ上部へ戻る