薬物乱用許さない 14団体が緊急アピール

緊急アピールを全員で読み上げる参加団体の関係者ら=14日、県庁

 県内の高校生らが大麻所持の疑いで相次いで逮捕されたことを受け、県社会教育関係団体等連絡会は14日、県庁で記者会見し「薬物乱用は許さない」などとする緊急アピールを発表した。
 この中では「健全な地域社会を作る」「地域の子は地域で守り育てる」「家族の絆を大切にする」「子どもに社会の規範意識を育む」「子どもの悩みに向き合う」「自己や他者の命を大切にする」―などの項目を掲げた。
 県高等学校PTA連合会の宮城光秀会長は「薬物乱用は子どもの成長を阻み、安全安心な地域社会を脅かす」と述べた。
 逮捕された少年らは、SNSで薬物の誤った情報を得た可能性が高いとされる。宮城会長は「スマホのルール作りのワークショップを開催したい。ネットが薬物乱用の入り口になる可能性を意識して対策に取り組みたい」と強調した。
 PTAの研究大会では、薬物乱用防止の研修を行う。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの警戒レベルを、最高の「感染蔓延(まんえん)期」に引き上…
  2.  県八重山保健所は14日、西表島(竹富町)の40代の会社員男性と石垣市の60代の会社役員男性が新型コ…
  3.  八重山高校野球部の初の県大会優勝を受け、各銀行八重山支店では社屋から記念の懸垂幕を掲げて祝福ムード…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る