【視点】食品ロス削減、変わる社会構造

 まだ食べられる食品が廃棄されてしまう「食品ロス」の削減を目指す「食品ロス削減推進法」が5月24日、国会で成立した。6月には石垣市で、不要な食品を困窮者などに回す「フードバンク」が民間の法人によって新たに設立され、食品ロス問題への取り組みは県内でもにわかに注目を集めている。
 公明党が2015年、プロジェクトチームを設置して同法の策定に向けた準備を開始。その提言をもとに法案が作成され、18年には超党派の議員連盟も発足した。
 同法の主なポイントは①「国民運動」として食品ロス削減を推進する②内閣府に食品ロス削減推進会議を設置し、基本方針を策定③基本方針を踏まえ、都道府県と市町村が推進計画を策定し、対策を実施する④フードバンクの活動支援―などの取り組みを盛り込んだことだ。10月は「食品ロス削減月間」になった。
 政府によると、2016年度の食品ロスは規格外品、返品、売れ残り、食べ残しなどで約643万㌧あったと推計される。前年度より3万㌧減少したものの、膨大な量の無駄遣いであることに変わりはない。
 食品ロス問題では二つの取り組みが求められる。食品ロスを出さないことと、出してしまった不要な食品を廃棄せず、必要とする人たちに分配すること、である。これらは表裏一体だ。
 食品ロスの約半数は家庭から出ているとされ、政府は各家庭で、食材を買い過ぎないこと、使い切ることなどを求めている。これは国民一人ひとりのコスト意識にかかわる部分が大きく、一朝一夕には進められない。だが人口減少社会へ向かう中、高リスクな大量生産・大量消費の時代は終焉する可能性が高く、いずれにせよ飽食時代の生活スタイルは長続きできないだろう。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る