沈砂池で水生昆虫採集 赤土除去で水辺維持と改良土 九大・荒谷教授ら研究チーム

荒谷教授から水生昆虫の解説を受ける子どもら=29日午後、石垣市米篩東地区の沈砂池前

 沈砂池に生息する水生昆虫類の保全などを学ばせようと、「危機的状況にある奄美・琉球の里地棲希少水生昆虫類に関する実効的な保全・生息地再生技術の開発」研究チーム(代表・荒谷邦雄九州大学大学院教授)は29日午後、石垣市米篩東地区の沈砂池で、市内の子どもらを対象とした昆虫採集イベントを開催した。
 配布された資料によると、県のレッドデータブックに掲載されている昆虫類の絶滅危惧種42種のうち33種(約83%)が水生昆虫類で、ここ数年で確認できなくなった貴重な水生昆虫類は増えているという。
 同チームは赤土流出防止と海域保全だけでなく、水生昆虫類のすみかとなっている沈砂池の役割に着目。「自然と共生する農業の実現に向けての沈砂池の活用」を目指し、沈砂池に堆積した赤土を有効活用し、同時に沈砂池の生物群の生息場所「ビオトープ」としての活用を研究している。
 ここ5、6年の研究で▽除去した赤土を使った農地や緑地用の改良土は作物の良好な生育に役立つ▽赤土除去は沈砂池内の水辺の維持・回復に役立つ▽赤土除去工事は土木作業を仕事の一部にしている農家の収入源になり得る―ことが判明した。
 この日は10人ほどの生徒・児童らが水生昆虫採集に参加。トビイロゲンゴロウやヒメタマガムシ、イシガキヌマエビなど約30種類の昆虫を採集し、荒谷教授と東海大学教養学部の北野忠教授から解説を受けた。
 荒谷教授は「実は、西表より石垣のほうが自然環境も種類も多様」、北野教授は「ヒメタマガムシは今年、日本で見つかったばかり。石垣では名前もない新種がこれから見つかるかも」と話した。
 研究メンバーの、日本工営㈱沖縄支店技術部の冨坂峰人部長代理は「里地や農地は規制地域にならないので、その地域に住む水生昆虫類をどう守るかが大切。赤土対策と水生昆虫保全を集約して学べる場がここだ」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  大相撲沖縄場所(主催・同実行委員会)が14日、うるま市具志川ドームで始まった。15日まで。14日は…
  2.  貴重な文化遺産であるシマムニ(島言葉)の保存継承を目的に「第1回シマムニ発表会」(主催・竹富町、竹…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(反橋寛之所長)が14日午前、新石垣空港でヘリコプター体験搭乗を実…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る