高宮城氏「ネットは公の場」 白保小中で情報モラル講習会

高宮城氏㊨の話を真剣に聞く生徒ら㊧=29日午前、白保中学校体育館

 SNSを中心としたインターネットの利用に伴うトラブルを防ごうと、白保中学校PTAが29日、「情報モラル講習会」を同中学校体育館で開いた。
 講師はネット健康問題啓発者全国連絡協議会公式インストラクター、高宮城修氏。高宮城氏は▽侮辱罪▽名誉毀損罪▽脅迫罪▽自殺関与罪―など、中学生が警察に補導された罪状を例示し、「ネットは公の場。例えば『知られたくないこと』をラインに書けば名誉毀損罪になる」と注意を促した。
 白保中学校生徒59人を対象にした講習会では、長時間スマートフォン(スマホ)を使用することによって生じる弊害を紹介。
 右眼や左眼の黒目が内側に寄って戻らなくなる「急性斜視」を説明し、「立体感、遠近感に異常が起き、スポーツも下手になる」として、▽スマホを目から30㌢以上離す▽1時間以上使用したら10~15分休憩―とアドバイスした。
 世持結生生徒会長が代表してお礼を述べ、「これからのネット社会では犯罪に巻き込まれる確率も高くなる。気を付けたい」と決意した。
 この日は同校3~5年児童(58人)や職員・保護者を対象とした講習会もあった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)は23日午後、新たな試みとなる「侵略的外来種に関する簡…
  2.  沖縄総合事務局は23日、2019年の国内港へのクルーズ船寄港数の速報値を発表した。那覇港が260回…
  3.  県は世界自然遺産登録候補地、西表島の入域観光客数の上限となる基準値を、2009年~18年までの10…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る