2候補が1万票超 玉城氏、無党派に浸透か 知事選八重山攻防

 知事選の〝八重山攻防〟は佐喜真淳氏が制したが、2位の玉城デニー氏も1万票台に達した。石垣市で玉城氏は、前回2014年知事選で翁長雄志氏が獲得した8992票から2023票上積み。革新勢力に支えられた玉城氏が「保守地盤」で佐喜真氏に633票差に肉薄する戦果を挙げた。

 出馬表明後、佐喜真氏は告示前と告示後の計2回、玉城氏は告示後に1回八重山入りし、それぞれ個人演説会で支持を訴えた。八重山の有権者が直接、両候補と接した機会はこの計3回だけで、当初は候補者不在の盛り上がらない選挙との見方が強かった。

 しかし実際には、石垣市の投票率が5ポイント以上もアップ。玉城氏が無党派層に支持を広げ、投票率を押し上げた可能性がある。

 佐喜真陣営の八重山選対は、八重山で玉城氏との差を広げ、沖縄本島の劣勢挽回に貢献するシナリオを描いていたが、逆に玉城陣営の健闘が目立つ結果に。八重山での得票トップは維持したものの〝計算違い〟の感は否めず、選挙戦略の練り直しを求められそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島にある県、市管理の5つのダムは、梅雨入り後もまとまった雨で越流(オーバーフロー)している。 …
  2.  県議会(新里米吉議長)は6月定例会初日の18日、浦添市の中学校テニスコートに米軍普天間飛行場(宜野…
  3.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る