23年度にも3両化運行 宮腰沖縄相「大きな前進」 ゆいレール 

 宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの3両編成化を完成させるスケジュールを公表したことについて「スケジュールが示されたことは大きな前進だ。一日も早い3両化の導入に向けて、最大限の努力を行ってほしい」と要望した。同社は、早ければ23年度にも3両編成車両の運行を開始する。
 同社は12日の株主総会で、まず3両編成車両の新造を進め、その後、2両編成の車両を3両編成化する改造を順次行うとしたスケジュールを公表した。
 総事業費は概算で約280億円を見込み、自治体負担分である約224億円の8割に相当する約179億円を国庫補助でまかなう。内閣府は20年度概算要求のハード交付金の枠内で「3両化導入加速化事業」を創設する方針。
 宮腰氏は「モノレール会社の発表を踏まえ、今後、モノレール社、沖縄県、那覇・浦添両市などから話をうかがいながら、概算要求に向けた検討を確実に進めていきたい」と述べた。「モノレールの延伸や那覇空港滑走路増設を踏まえると、3両化は喫緊の課題だ」と改めて指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  菅義偉官房長官は5日、宜野湾市の松川正則市長と首相官邸で会い、同市にある米軍普天間飛行場の早期返還…
ページ上部へ戻る