23年度にも3両化運行 宮腰沖縄相「大きな前進」 ゆいレール 

 宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの3両編成化を完成させるスケジュールを公表したことについて「スケジュールが示されたことは大きな前進だ。一日も早い3両化の導入に向けて、最大限の努力を行ってほしい」と要望した。同社は、早ければ23年度にも3両編成車両の運行を開始する。
 同社は12日の株主総会で、まず3両編成車両の新造を進め、その後、2両編成の車両を3両編成化する改造を順次行うとしたスケジュールを公表した。
 総事業費は概算で約280億円を見込み、自治体負担分である約224億円の8割に相当する約179億円を国庫補助でまかなう。内閣府は20年度概算要求のハード交付金の枠内で「3両化導入加速化事業」を創設する方針。
 宮腰氏は「モノレール会社の発表を踏まえ、今後、モノレール社、沖縄県、那覇・浦添両市などから話をうかがいながら、概算要求に向けた検討を確実に進めていきたい」と述べた。「モノレールの延伸や那覇空港滑走路増設を踏まえると、3両化は喫緊の課題だ」と改めて指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島アスリートクラブ所属の石垣中学校3年の比嘉桃花(15)は12日、八重山郡中学校陸上競技選手権…
  2.  石垣市立学校給食センターは12日、5月と今月に市内小中学校の各1校の給食で金属片など異物が混入して…
  3.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、免許の交付を求める事業者からの申請が8日時点で1件にとどまるこ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る