23年度にも3両化運行 宮腰沖縄相「大きな前進」 ゆいレール 

 宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの3両編成化を完成させるスケジュールを公表したことについて「スケジュールが示されたことは大きな前進だ。一日も早い3両化の導入に向けて、最大限の努力を行ってほしい」と要望した。同社は、早ければ23年度にも3両編成車両の運行を開始する。
 同社は12日の株主総会で、まず3両編成車両の新造を進め、その後、2両編成の車両を3両編成化する改造を順次行うとしたスケジュールを公表した。
 総事業費は概算で約280億円を見込み、自治体負担分である約224億円の8割に相当する約179億円を国庫補助でまかなう。内閣府は20年度概算要求のハード交付金の枠内で「3両化導入加速化事業」を創設する方針。
 宮腰氏は「モノレール会社の発表を踏まえ、今後、モノレール社、沖縄県、那覇・浦添両市などから話をうかがいながら、概算要求に向けた検討を確実に進めていきたい」と述べた。「モノレールの延伸や那覇空港滑走路増設を踏まえると、3両化は喫緊の課題だ」と改めて指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る