クルーズ船キャンセル90%超 新型肺炎、観光業界苦境に

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、外国クルーズ船の石垣港寄港の2月の予約キャンセル率が90%を超えたことが分かった。3月も85%を上回る水準で推移している。日本国内での感染も広がって日本人も旅行を控える傾向が強まり、市内の観光業界は頭を抱えている。
 市港湾課によると、大半が中国、台湾からの船で2月は1隻ずつ入港した2日間を除き寄港予約が全て取り消された。3月も3日時点で16日までの予約がいずれもキャンセルされている。17日以降の予約も取り消しとなって全件キャンセルになる可能性がある。
 市観光文化課によると、1月に石垣市を訪れた中国人は961人。前年同期(9376人)の10分の1にとどまり、中国政府が同月に団体客の海外旅行を禁じた決定が響いている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島アスリートクラブ所属の石垣中学校3年の比嘉桃花(15)は12日、八重山郡中学校陸上競技選手権…
  2.  石垣市立学校給食センターは12日、5月と今月に市内小中学校の各1校の給食で金属片など異物が混入して…
  3.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、免許の交付を求める事業者からの申請が8日時点で1件にとどまるこ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は25日、官邸に菅義偉官房長官を訪れ、現在2両編成の沖縄都市モノレール(ゆいレール)…
ページ上部へ戻る