「格差乗り越える力を」 〝幼小接続〟で安慶名氏要望

安慶名氏の講演を聞く幼稚園、保育園、こども園、小学校関係者=18日午後、石垣市健康福祉センター

 保育園、こども園、幼稚園、小学校関係者が一堂に会し、相互の連携を考える「保幼小連携講演会」が18日、石垣市健康福祉センターで開かれ、県教育庁義務教育課の安慶名名奈指導主事が「幼児教育を活かす小学校教育」をテーマに講師を務めた。
 幼稚園から小学校へ移行する過程の「幼小学接続」について「幼稚園と小学校では格差が大き過ぎると言われるが、格差があるのは当然。子どもが自分で乗り越える力をつけさせることが重要」と指摘した。
 幼児教育の特徴について「教科書もチャイムもないので、遊びを通じて総合的な学習を行う」と指摘。幼児教育は小学校の前段階の教育ではなく、必ずしも計算や読み書きを教える必要はないとしたが「数字や文字に関心を持たせるとか、小学校教育の基礎となる感覚は教えてほしい」と要望した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る