「格差乗り越える力を」 〝幼小接続〟で安慶名氏要望

安慶名氏の講演を聞く幼稚園、保育園、こども園、小学校関係者=18日午後、石垣市健康福祉センター

 保育園、こども園、幼稚園、小学校関係者が一堂に会し、相互の連携を考える「保幼小連携講演会」が18日、石垣市健康福祉センターで開かれ、県教育庁義務教育課の安慶名名奈指導主事が「幼児教育を活かす小学校教育」をテーマに講師を務めた。
 幼稚園から小学校へ移行する過程の「幼小学接続」について「幼稚園と小学校では格差が大き過ぎると言われるが、格差があるのは当然。子どもが自分で乗り越える力をつけさせることが重要」と指摘した。
 幼児教育の特徴について「教科書もチャイムもないので、遊びを通じて総合的な学習を行う」と指摘。幼児教育は小学校の前段階の教育ではなく、必ずしも計算や読み書きを教える必要はないとしたが「数字や文字に関心を持たせるとか、小学校教育の基礎となる感覚は教えてほしい」と要望した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を…
  2.  大川にある県立旧八重山病院の解体工事を予定通り新年度中に着手することにしているが、新型コロナウイル…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日か…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る