「SDGsの理念普及を」 沖縄で島嶼観光フォーラム

共同で記者会見した参加メンバーら。玉城知事(中央右)も参加した=6日午後、沖縄ハーバービュー

 島しょ部を持つ国の知事らが集まり、観光などの共通課題を協議する第23回島嶼(しょ)観光政策フォーラム(ITOP)が5、6の両日、那覇市内のホテルで開かれた。開催地の沖縄県の提案で「観光によるSDGs(エスディジーズ)への貢献」をテーマに設定。6日にはプレゼンテーションやシンポジウムを行い、観光客を含めた全ての観光に携わる人に対し、国連が掲げる持続可能な開発目標SDGsの理念を普及させることを盛り込んだ共同声明を発表した。
 共同声明では、「持続可能な観光地づくり」に向けて明確なビジョンを示し、地域間で連携して課題解決に取り組むことなどを呼び掛けた。地域資源の保護に配慮し、観光事業者や地域住民とも連携して観光振興を図る方針も示した。
 海外からはスリランカ南部州、中国海南省、タイプーケット県、韓国済州島、インドネシアバリ島が参加した。
 玉城デニー知事は記者会見で「SDGsを達成するため、地域住民や観光客を含む全てのステークホルダー(利害関係者)が取り組む必要ある」と指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で最も早い一期作の田植えが16日、平田原の水田で始まった。農業生産法人みやぎ米穀(石垣市登野…
  2.  2019年度「組踊等教育普及事業」組踊ワークショップ(主催・県教育庁文化財課)が16日午後、石垣市…
  3.  玉城デニー知事は16日の定例記者会見で、国が促している豚コレラ(CSF)のワクチン接種と沖縄固有種…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る