カテゴリー:季節

  • クマゼミ大合唱 沖縄、夏本番に突入

     梅雨が明け、沖縄は長く暑い夏に突入した。6月6日に初鳴きが観測されたリュウキュウクマゼミも青空の下、セミ時雨を降らせている。  クマゼミは体長約6.5㌢の大型のセミで、最盛期は7~8月。センダンやホルトノキによく見ら…
  • 夏本番の季節風も 梅雨明け、昨年より6日遅く

     沖縄気象台は29日午前11時、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年および昨年よりそれぞれ6日遅く、梅雨期間は44日間だった。  県内はこの日、高気圧に覆われ、朝から青空が広がった。週間天気予報によると、向…
  • 数日中に梅雨明けか 波照間で最高32.5度

     沖縄地方は28日、高気圧に覆われ、県内全域とも晴れ間が広がった。気温もぐんぐん上がり、同日正午すぎに竹富町波照間で32.5度、石垣市盛山(南ぬ島石垣空港)で32度の最高気温を観測、他の地域も31度を超えた。  本島地…
  • きょう昼が最長の夏至 石垣は日の入り午後7時35分

     きょう22日は二十四節気の一つ夏至。一年で最も昼が長い日とされる石垣の日の出は午前5時56分、日の入りは午後7時35分。国内で最も遅く日が落ちる与那国は日の入りが午後7時40分である。  21日の八重山地方は高気圧に…
  • 梅雨の晴れ間に大輪の花 オオバナサルスベリ咲き誇る

     花びらが普通のサルスベリよりも数倍も大きいオオバナサルスベリが各地で咲き誇っている。  インドやタイなど東南アジア原産のミソハギ科の落葉性高木で、県内でも公園樹や街路樹に用いられるなど普及している。  花びらは径5…
  • きょう芒種 梅雨も終盤 川平 ヒマワリ数千本咲き誇る

     きょう6日は二十四節気の一つ芒種(ぼうしゅ)。稲や麦など芒(のぎ)のある穀物の種まきをするころとされる。  梅雨も終盤に入り、沖縄ではこの時期、前線の活動が活発化し、バケツをひっくり返したような豪雨になることがある。…
  • ホウオウボクの花満開 八重山 晴天続き梅雨中休み

     八重山地方は梅雨の中休みに入り、晴天が続いている。近海にあった梅雨前線が衰退し、高気圧に覆われているのが原因。  週間天気予報によると、期間の前半は高気圧に覆われて晴れの日が多く、期間の後半となる28日ごろからは梅雨…
  • 八重山、梅雨入り間近

    八重山地方は1日、南からの暖かい湿った空気と近海にある前線の影響で一時、雷を伴って激しい雨となり、降り始めの午前10時50分から午後1時40分までに石垣市盛山で18ミリ、伊原間で15ミリの雨が降った。  週間天気予報に…
  • 暑い!最高30・8度 西表などで早くも真夏日

     八重山地方は22日、竹富町西表島で今年最高となる30・8度を観測したほか、4つの観測地点でも30度以上の真夏日となった。  高気圧に覆われ、南から暖かい空気が入り込んだのが原因。西表島は平年より5度高く、6月下旬並み…
  • テッポウユリ開花 初夏の到来告げる

     うるずんの到来を告げるテッポウユリが各地で咲いている。ユリ科の多年草で、地下に鱗茎(りんけい)と呼ばれる球根があり、春先から初夏にかけ、地中から葉と花茎が姿を現す。  石垣島を東回りに車で一周すると、国道沿いの山裾で…

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  衆院沖縄3区補選(21日投開票)の選挙区内の街頭で「女に政治は無理」「女は台所に帰れ」と記されたポ…
ページ上部へ戻る