番組打ち切りは「表現の自由侵害」 FM21は請求棄却求める 我那覇さんら初弁論

 「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子さん=名護市=が、自身が制作・出演するラジオ番組の放送が一方的に打ち切られ、表現の自由の侵害と精神的苦痛を受けたとして、FM21に慰謝料100万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、那覇地裁(剱持淳子裁判長)で開かれた。FM21は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。
 原告の我那覇さんは、この日の弁論で「(地元メディアから)ラジオ局に圧力がかかり、ラジオ局は総務省にお伺いを立てることなく一方的に我々の番組を打ち切りすると通知してきた。保守言論人に対する人権侵害そのものであり、言論の弾圧そのもの」と意見陳述した。
 被告側は請求棄却を求めており、具体的な反論については追って主張するとしている。第2回口頭弁論は来年1月18日の予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折ら…
ページ上部へ戻る