推進派のぼり折られる 陸自配備予定地入口で

へし折られた推進派ののぼり。奥に反対派が設置した工作物が見える=20日午前、陸自駐屯地建設予定地入口(読者提供)

 石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折られているのを、推進派の男性が発見した。
 男性は「以前にも私たちが設置したのぼりがへし折られており、被害は今回で2回目。こんなことはやめてほしい」と話した。
 のぼりの近くには反対派が工事監視用に使うと思われる簡単な工作物が設置されており、今後、工事の進ちょくに伴って、反対派の活動が活発化する可能性がある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄・奄美の世界自然遺産登録を目指す、国、県、村の行政関係機関は23日、県庁で密猟の防止を目的とし…
  2.  7月20日に沖縄市で行われた独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構沖縄支部主催の「第19回沖縄…
  3.  請福酒造(石垣市)、多良川(宮古島市)、久米島の久米仙(久米島町)の離島酒造3社は、100年以上前…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  衆院3区補選が21日投開票され、新人で無所属のフリージャーナリスト、屋良朝博氏(56)が新人で元沖…
ページ上部へ戻る