推進派のぼり折られる 陸自配備予定地入口で

へし折られた推進派ののぼり。奥に反対派が設置した工作物が見える=20日午前、陸自駐屯地建設予定地入口(読者提供)

 石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折られているのを、推進派の男性が発見した。
 男性は「以前にも私たちが設置したのぼりがへし折られており、被害は今回で2回目。こんなことはやめてほしい」と話した。
 のぼりの近くには反対派が工事監視用に使うと思われる簡単な工作物が設置されており、今後、工事の進ちょくに伴って、反対派の活動が活発化する可能性がある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  幸福を祈願し、全長200メートル、重さ40トンの世界最大級の大綱を引き合う伝統行事「那覇大綱挽(お…
  2.  八重山病院(篠﨑裕子院長)は13日午後、新病院開設1周年記念講演会を同院2階講堂で開き、篠﨑院長が…
  3.  第20回記念全島とぅばらーま大会(主催・在沖八重山郷友会連合会)が13日夜、浦添市のてだこ大ホール…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る