【金波銀波】石垣市議会で自治基本条例を…

 石垣市議会で自治基本条例を議論していた調査特別委員会が「廃止すべき」と結論を出した。野党は猛反発しているが、今ごろ何を言っているのか。野党は特別委に入ることを拒否していたのに◆入ってしまうと、与党主導の条例廃止論にお墨付きを与えかねない。そう懸念したことは分かる。しかし言論の府では言論で勝負すべきであり、発言権を放棄した以上は不戦敗だ◆条例廃止に反対する市民グループもチラシ配布などを始めているが、こちらも「今ごろ感」が強い。特別委が設置された時点で、廃止の動きは容易に予想できた。条例存続を求めるなら、もっと早く本腰を入れるべきだった◆中山義隆市長がこの条例の運用に消極的だったのは事実だ。だが同様に野党も一般市民も、条例に魂を入れる作業を長く怠ってきた。制定以来の10年、この条例を実際に活用したのは、住民投票の実施を求めた自衛隊配備反対派だけではないか。だから与党議員から「市民には、あってもなくてもいい条例」と揶揄(やゆ)される始末になったのだ◆条例がもともと石垣市の民情に合わなかったのか、条例の高尚な理念に市民の意識が追い付かなかったのか。「これから活用しよう」と将来の話をするにしても、この段階になってからでは遅過ぎる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る