【視点】島と調和したゴルフ場建設を

 「ゴルフ外交」という言葉が最近、ニュースをよく賑わせる。安倍晋三首相とトランプ米大統領が相互に相手国を訪問する際、現地でゴルフを楽しみながら個人的関係を深めているのだ。トランプ氏は自らゴルフ場を所有するが、やり手のビジネスマンでもある大統領がそこまで熱中するほど、ゴルフには不思議な魅力があるようだ。
 ところが、石垣島の住民や、島を訪れた観光客はゴルフを心ゆくまで楽しむことができない。チャンピオンコースのゴルフ場がないためだ。かつて存在したゴルフ場は2013年の新石垣空港建設の際、用地として提供されてしまった。
 その後、株式会社ユニマットプレシャスがゴルフ場を含む総合リゾート施設整備に名乗りを上げたが、今に至っても、なかなか具体的な姿が見えてこない。予定地である前勢岳周辺が農地として保護されているため、手続きに時間がかかっているという。
 そこで石垣市が注目しているのが「地域未来投資促進法」だ。地域の特性を活用した民間事業者などの事業を「地域経済牽引(けんいん)事業」と位置づけ、強力に支援する制度である。
 市が基本計画を策定し、国の同意を得たあと、基本計画に基づく地域経済牽引事業計画に都道府県の承認を得て制度を活用できるようになる。農地転用の許可などで規制緩和が期待できるという。
 石垣市議会は去る12月定例会で、同法に基づいてゴルフ場建設を促進するよう求める決議を賛成多数で可決した。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る