シンバ、野球部発足へ 来年1月始動目指す

会見した関係者ら(左から照屋代表、照屋監督、濱田キャプテン)=27日夜、シンバホールディングス本社

 県内で物流や広告事業を展開するシンバネットワークは27日、記者会見し社会人野球のクラブチームを発足すると発表した。来年3月から始まる公式戦出場を目指し、同年1月からチームを始動させる。
 チーム名は「シンバネットワークアーマンズベースボールクラブ」で、代表を㈱あんしんの照屋勝士社長が兼任する。監督に照屋信博氏、コーチ兼選手に銘苅圭介氏、キャプテンに濱田晃成氏がそれぞれ就任する。銘苅氏は2010年に、興南高校の野球部員として甲子園春夏連覇に貢献。濱田氏は宮崎県出身で、社会人野球チーム・東京ガスの選手として活躍した。全日本九州選抜の強化選手にも登録されている。チームは3月から始まる公式戦出場に向けて準備を進める。
 照屋監督は社会人野球の経験者。「やるからには全国制覇を目指したい。仕事と両立していきたい」と抱負を述べた。
 濱田キャプテンは「私と銘苅氏でチームを引っ張り、沖縄の社会人野球を盛り上げたい」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る