市長「壮健で楽しい日々を」 351人の生年祝う

97歳のカジマヤー(マンタラー)の皆さんが檀上で頌状を受け取った=25日、市民会館大ホール

 2020年石垣市生年祝式典(主催・石垣市)が旧正月(旧暦1月1日)の25日午後、市民会館大ホールで開かれ、351人の長寿を祝い頌状と記念品が贈呈された。
 中山義隆市長は「激動する時代の中、幾多の困難と困窮の中から厳しい時代を力強く生き抜かれ、家族や地域、社会のために尽くしてこられた。その豊富な知識と経験を存分に生かしていただくと共に健康に留意され、ご壮健で楽しい日々を過ごされることを願います」と式辞を述べた。
 生年祝は108歳の茶寿が1人、97歳のカジマヤー(マンタラー)は62人、85歳は288人の計351人だった。
 代表して97歳の徳村ユシさん=登野城=から市長があやかりの盃を受けた。
 祝宴では秀風会本盛秀八重山民俗舞踊研究所の「世果報獅子」や八重山3校の郷土芸能部による「村遊び」で会場を盛り上げ、長寿を祝った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る