FC琉球キャンプ打ち上げ 小学生にサッカー教室

FC琉球の選手とサッカー教室の参加者らで記念撮影=26日、サッカーパークあかんま

 サッカーJ2のFC琉球は石垣島キャンプ最終日の26日午後、サッカーパークあかんまで、75人の小学生を対象にサッカー教室を開いた。
 ウォーミングアップ後に選手と児童の4人一組でチームを作り、ミニゲーム8試合を行った。勝ち数が多かったチームにはFC琉球のタオルが贈られ、参加者全員にリストバンドのプレゼントもあった。サッカー教室後に選手らは記念撮影やサインにも応じた。
 新川小学校5年の金城龍完(りょうま、11)君は「(選手の)パス回しが速くて上手かった。パス回しを練習して、試合でも勝てるように頑張りたい」と意欲を話した。
 石垣小学校3年の小禄広晴(こうせい、9)君は「自分から攻めていこうという気持ちが勉強になった。サインももらえてうれしかったし、FC琉球を応援したくなった」と感想を述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る