小池美寿々さん最優秀賞 島唄者コンで民謡披露 浦添市

9番目に歌声を披露した小池さん=15日午後、国立劇場おきなわ

 18歳以下を対象に、島唄としまくとぅば(沖縄方言)の継承発展を図るイベント「第3回Uー18島唄者コンテスト」(主催・県文化協会)が15日午後、浦添市の国立劇場おきなわで開催され、16人が民謡を披露。石垣市在住の小池美寿々さん(10)=登野城小4年=が「あがろうざ節」を歌い、最優秀賞を受賞した。
 小池さんは初出場。師匠で祖母の河上美奈子さんの指導を受け、2歳ごろから歌や踊り、小学校2年生から三線を習い始めた。
 昨年6月に行われた竹富町デンサ節大会では、こどもの部で最優秀賞を受賞。八重山古典音楽コンクール三線の部でも受賞歴がある。過去には、登野城地区内で開催された「あがろうざ節を唄う集い」にも参加し歌声を披露している。
 最優秀賞に「1位を取れるとは思っていなかった。うれしい。これからも習っている唄を上手に歌いたい」と話した。
 コンテストでは、民謡を歌う前に参加者がしまくとぅばでスピーチを実施。審査委員の評価対象にもなっており、会場で見守った河上さんは「方言は100点満点だった」と孫娘の受賞を喜んだ。
 コンテストは県の「しまくとぅば普及促進事業」の一環で行われ、昨年末に予選会を開催。25組が応募した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を…
  2.  大川にある県立旧八重山病院の解体工事を予定通り新年度中に着手することにしているが、新型コロナウイル…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日か…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府が尖閣諸島などの関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・虎ノ門地区に移転し、面積を現在の…
ページ上部へ戻る