25日から〝供用開始〟 仮庁舎へ引越し進む 各課直通番号も設置 竹富町

 竹富町役場は22日からの3連休を使い、新庁舎建設に伴う現庁舎から仮庁舎へ移転する。仮庁舎の供用開始は25日。現庁舎の向かい側に建設された仮庁舎への引っ越しや書類などの整理は24日までに済ませ、業務開始に向け準備を進める。
 仮庁舎では各課の「直通番号」が新たに設置。代表番号と郵便送付先住所は従来通り。
 移転に伴う電話回線工事により、FAXは24日午後5時まで、通話は22日の午後4時から午後5時の間、使用できない。緊急時には℡82・3116(産業振興課)で対応する。
 町政策推進課によると、仮庁舎は1階建てユニットハウス型プレハブを連結させた計6棟から成る。延べ床面積は現庁舎1階部分の952・22平方㍍に対し、995・30平方㍍となった。
 現庁舎の解体工事は17日に入札を済ませて業者が決定しており、3月中の着工となる。
 現庁舎敷地には石垣支所が建設される。今後は公募型プロポーザル方式で業者を選定するが、着工時期については調整中という。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したかりゆし病院の境田康二院長は30日、八重山合…
  2.  石垣市のかりゆし病院で起きた新型コロナウイルス院内感染の陽性者は30日現在、55人に上り、県内で発…
  3.  安定する数字と言えば「3」か。3本の脚をもつ古代中国の金属製の器「鼎(かなえ)」が浮かぶ。が、それ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る