歓楽街も影響じわり 新型肺炎で客足鈍る 美崎町

夜の美崎町周辺。例年に比べ人通りは少ない=24日午後7時ごろ

 中国を中心に新型コロナウィルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、石垣島の歓楽街である美崎町でも客足が鈍っており、経済的な影響がじわりと広がっている。クルーズ船の寄港中止が相次いで外国客はほぼ姿を消し、国内客も団体旅行は自粛ムードの状況。飲食店関係者からは「早く収束してほしい」と祈るような声が上がる。
 離島ターミナルにほど近い飲食店の店長は「去年と比べると客数も売り上げも減っている。観光客が客層のメインなので、早く収束して例年通りに戻ってくるれることを願うばかり」と不安を漏らした。
 同店は新型肺炎対策として1月下旬から、店舗入店時、客にアルコールで手を殺菌するよう求めている。従業員にはマスク着用を義務付けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  自民党の座波一県議が八重山、宮古両地方を視察中に新型コロナウイルスに感染したとして、玉城デニー知事…
  2.  幼児教育連携体制推進事業で、石垣市こども未来局子育て支援課は早ければ10月末から、市内の幼児教育施…
  3.  県赤十字血液センターの移動献血が石垣市で11月2日から始まる。例年と異なり、新型コロナウイルスの感…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る