接続水域航行昨年は過去最多 尖閣周辺の中国船

 県議会は27日、2月定例会の一般質問2日目を行った。山川典二氏(自民)は中国公船による尖閣諸島への接近状況について質問。池田竹州知事公室長によると、昨年1年間で領海侵入は32日、隻数は延べ126隻だった。接続水域への入域は282日、延べ1097隻となり過去最多だった。領海侵入は一昨年の19日、延べ70隻から大幅に増加した。過去最多は2013年の54日、延べ188隻だった。
 県警に配備される国境離島警備隊について宮沢忠孝本部長は、武装集団が離島に不法上陸する可能性に言及。「2020年度に警官定員を150人増員し、部隊を設置したい」と説明した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分47…
  2.  県内の新型コロナウイルス新規感染者数は高止まりを続けており、石垣市でもじわじわと拡大傾向が続いてい…
  3.  沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  10月に予定される消費税率引き上げに伴う消費喚起を目的とした「プレミアム付商品券」を広くPRしよう…
ページ上部へ戻る