【金波銀波】どの口が言っているのか…

 どの口が言っているのかと思ってしまう。中国外務省の趙立堅副報道局長は記者会見で、一部メディアが新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と称していると指摘し「極めて無責任で断固反対だ。地域の名前に汚名を着せる言葉は避けるべきだ」と訴えた◆新型コロナウイルスによる肺炎の世界的な流行は、中国が初期の段階で抑え込みに失敗したことがそもそもの原因だ。日本でも最初にウイルスを持ち込んだのは中国人観光客である可能性が高いのだから、中国政府にはもっと責任を自覚してもらなわければ困る◆趙氏は会見で「国際社会は心を一つに協力し、手を携え対応することが人間としての正しい道だ」とも説いた。誰が加害者で誰が被害者なのか分からなくなってしまう◆日本政府は中韓からの全面的な入国制限措置を発表した。中国・習近平国家主席の訪日延期が決まった直後のタイミングである。これでは、今まで入国制限措置が甘かったのは、訪日を控えた習主席への忖度(そんたく)だったのかと邪推されてしまうだろう。日本政府の外交的配慮が国内の感染拡大を招いたとすれば残念だ◆WHО(世界保健機関)の意味不明な命名よりも、この疫病の名称は「武漢肺炎」「武漢熱」が望ましい。今後の教訓のためにも、である。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は27日、石垣市で、市内で男女5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち4人は25…
  2.  石垣市で沖縄本島からの渡航者が新型コロナウイルスに感染する事例が相次いでいることを受け、中山義隆市…
  3.  尖閣諸島に対する国民の当事者意識の高揚を図ろうと、公益社団法人日本青年会議所沖縄ブロック協議会(結…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折ら…
ページ上部へ戻る