人頭税の歴史学んで うえちさん、与那国で著書贈呈

与那国島の久部良中学校を訪れ、著書を贈呈したうえちさん(中央)(うえち雄大さん提供)

 宮古島出身の歌手、うえち雄大さんがこのほど、与那国島を訪れ、人頭税廃止までの苦闘を描いた著書「宮古島人頭税物語第2弾 夢の扉」を島内の全小中学校5校に贈呈した。
 うえちさんは、宮古、八重山だけに課された過酷な人頭税の歴史を掘り起こし、ライフワークとして人頭税廃止に尽力した中村十作や城間正安らの顕彰に取り組んでいる。
 贈呈に当たり「夢に挑戦する若者たちの応援にでもなればと願う。与那国島の子どもたちにも人頭税を学習してほしい。著書出版を機に、私は芸道、演歌道をさらに力強く歩む」とコメントした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島アスリートクラブ所属の石垣中学校3年の比嘉桃花(15)は12日、八重山郡中学校陸上競技選手権…
  2.  石垣市立学校給食センターは12日、5月と今月に市内小中学校の各1校の給食で金属片など異物が混入して…
  3.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、免許の交付を求める事業者からの申請が8日時点で1件にとどまるこ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」が30日午後、石垣…
ページ上部へ戻る