県蝶にオオゴマダラ 4月制定「自然守って」

「県蝶」に選ばれたオオゴマダラ(県提供)

 県は4月1日付で「県蝶」を制定し、オオゴマダラを沖縄の新たなシンボルとする。オオゴマダラは、県内では既に石垣市や那覇市などの市蝶としても親しまれており、玉城デニー知事は27日の定例記者会見で「県蝶の制定を機に、沖縄独自の自然の豊かさへの理解を深め、自然環境を守り育てる意識の向上に努めたい」とアピールした。
 県のシンボルとしては現在、県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌の6種類が制定されており、県蝶は48年ぶりの新たなシンボルとなる。
 県は専門家の検討委員会や審議会、パブリックコメント(県民意見募集)などで県蝶の選定作業を進めてきた。知名度の高さや、理科教育、環境教育でよく活用されていることなどを理由にオオゴマダラが選ばれた。
 オオゴマダラはタテハチョウ科の蝶で、日本の蝶としては最大種の一つ。広く県内に分布しており、白地に黒いまだら模様でゆっくり優雅に飛ぶのが特徴。黄金色のさなぎとともに、県民に親しまれている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る