県内の感染拡大が加速 専門家「流行始まりつつある」 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症対策本部会議で対応を協議する玉城知事(左奥)と県幹部=28日午後、県庁

 県内で新型コロナウイルスの感染拡大が加速してきた。21日以降、ほぼ連日新たな感染者が確認されており、28日には初めて1日で2人の感染確認が発表された。東京、大阪など大都市圏での感染拡大が、じわじわと沖縄にも波及している可能性があり、専門家は「流行が始まりつつある」と事態を深刻に受け止めている。
 「今後も、県内にウイルスが持ち込まれるリスクが高くなることが考えられる」―。27日の記者会見で玉城デニー知事は、県外・国外から戻った県民や来県者に対し、感染予防に注意を払うよう呼び掛けた。
 県内の感染者は2月20日までに3人が確認され、うち2人が那覇に寄港したクルーズ船の乗客を案内したタクシー運転手。別の1人は感染経路が不明だったが、感染源はクルーズ船だけにほぼ特定された。その後、約1カ月間は新たな感染者は確認されず、感染拡大は一段落したと見られていた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る