県内 感染拡大は不可避 「倍々ゲーム」に危機感 正念場、来県自粛要請か

対策本部会議に臨む玉城知事(左)ら=7日午後、県庁

 県内での新型コロナウイルスの感染確認が、1日では初となる二桁に達した。感染経路の分からない人も増加傾向にあり、さらなる感染拡大は不可避と見られる。今後の患者数の推移によっては「感染爆発」の懸念も現実味を帯びる。県民への外出自粛要請、観光客などへの来県自粛要請が出る可能性も想定され、沖縄は正念場とも言える局面を迎えた。
 7日現在、県内の感染者数は34人で、九州8県では緊急事態宣言が発令された福岡県に次ぐ規模となった。1日に12人の感染確認も、突出している東京や大阪を除き、大都市圏に匹敵する多さ。沖縄本島の感染拡大が急激なペースで進んでいることをうかがわせる。
 最近の感染者を見ると、流行が本格化した大都市圏から旅行や仕事で来県した人がウイルスを持ち込んだと見られる事例が多い。沖縄が国内有数の観光地であることが逆に感染の急拡大を招く結果になったと見られる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で自然体験ツアーを行なっている21事業者から構成される団体「石垣島アウトフィッターユニオン」…
  2.  県は25日午後、県議の男性1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県議会事務局は同日、…
  3.  大浜中学校(島仲信秀校長、生徒418人)は25日、2020年度校内合唱コンクールを同校体育館で開催…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る