【視点】緊急事態宣言 沖縄も厳戒を

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が緊急事態宣言を発令した。政府や自治体はこれを受け、早期終息に向けた実効ある措置を打ち出さなくてはならない。国民も不要不急の外出自粛など、いっそうの自覚を持って行動することが求められている。
 緊急事態宣言の対象は感染者が特に多い東京や大阪など7都府県だが、対象地域に入っていない沖縄も、ここに来て感染者が急増。感染者数は7日、前日の6人から12人に倍増し、過去最多を更新した。専門家は本島で流行が本格化した可能性を指摘している。
 オーバーシュート(感染爆発)と呼ばれる状況が沖縄で起こる危険性も、にわかに現実味を増してきた。まさに正念場である。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島アスリートクラブ所属の石垣中学校3年の比嘉桃花(15)は12日、八重山郡中学校陸上競技選手権…
  2.  石垣市立学校給食センターは12日、5月と今月に市内小中学校の各1校の給食で金属片など異物が混入して…
  3.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、免許の交付を求める事業者からの申請が8日時点で1件にとどまるこ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る