知事、病床確保に協力を 県と県医師会が意見交換 新型コロナ

会議冒頭にあいさつする玉城知事(左)=10日夜、県医師会館

 県と県医師会(安里哲好会長)は10日夜、県医師会館で新型コロナウイルス感染症について意見交換した。県から玉城デニー知事が出席し、同日までに県内で確認された患者数は48件だと説明し、「入院勧告が解除されたのは3件で、残りは入院中だ。特に患者の増加スピードが速い中南部域で入院用ベッドの確保が難しい」と述べ、病床確保に協力を求めた。
 安里氏は各医療機関で意見交換が行われていることを紹介。「マスク不足の報告や迅速な報告の必要性、アビガンなどを使用ができる体制づくりを求める意見が出ている」と説明した。また家族内感染を心配する医療従事者がホテルで宿泊しており支援が必要とも訴えた。
 会議は冒頭あいさつのみ報道陣に公開された。あいさつ後、玉城知事は退席し、医師会との意見交換は保健医療部の大城玲子部長や糸数統括監が行った。同会の宮里達也副会長、県内各病院の幹部も参加。県内各地の保健所関係者も同席した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつ…
ページ上部へ戻る