医療従事者の子を拒否 保育施設、県「偏見やめて」

医師会との意見交換後、報道陣に説明する大城部長(右)と糸数統括監=10日夜、県医師会館

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内の一部の保育施設で医療従事者の子どもの受け入れを断る事例があることが分かった。県医師会が10日に開催された県との意見交換で明らかにした。医師会は「医療従事者に偏見を持ったり、バッシングすることはやめてほしい」と訴えている。

 医師会によると、感染者を治療している病院の工事を断る業者も出ている。11日午後に開かれた新型コロナウイルス対策本部会議後、大城玲子保健医療部長は「医療現場への理解を持って」と求めた。
 県は10日付で、宮古と八重山に新型コロナウイルス対策の地方本部を設置した。保健所を中心に医師会などの関係機関を集めて組織する。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  自民党の座波一県議が八重山、宮古両地方を視察中に新型コロナウイルスに感染したとして、玉城デニー知事…
  2.  幼児教育連携体制推進事業で、石垣市こども未来局子育て支援課は早ければ10月末から、市内の幼児教育施…
  3.  県赤十字血液センターの移動献血が石垣市で11月2日から始まる。例年と異なり、新型コロナウイルスの感…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る