【視点】医療崩壊防ぐのが最優先

 とどまるところを知らない新型コロナウイルスの感染拡大で、県は20日、独自の緊急事態宣言を発した。感染は沖縄本島から離島の八重山へ波及し、感染者は飲食店やスーパー、コンビニの従業員から医療従事者まで、あらゆるレベルに及んでいる。県民が強い危機意識を共有し、一丸となって感染拡大防止に取り組まないと、沖縄も東京や大阪など、ウイルスが蔓延(まんえん)している大都市圏と同じ状況に陥ってしまう。
 感染者は120人を超え、最大の焦点は医療崩壊をどう防ぐかに移った。感染者の中には那覇市立病院の看護師などが含まれる。医療従事者の感染は、ただでさえ少ない医療スタッフの負担増に拍車を掛け、医療崩壊の危機を早める恐れがある。深刻に受け止めなくてはならない。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  第30回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)のサブイベントで6日、久部良漁港隣の…
ページ上部へ戻る