緊急事態宣言を延長 外出自粛要請、来月6日まで 石垣市

緊急事態宣言の期間を5月6日までに延長とすると発表した中山市長=24日、市役所

 石垣市の中山義隆市長は24日、市役所で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大防止のために発表した緊急事態宣言の期間を、当初の4月末から5月6日までに延長とすると発表した。島内に感染者がいる可能性が排除できないことや、国と県が緊急事態宣言を5月6日までの期限としていることを踏まえ判断した。
 中山市長は「大変なご苦労・ご不便をおかけするが、5月6日までの間、食料品・必需品の入手や急を要する医療機関の受診などを除き、外出を厳に慎み、三密の回避、感染防止策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は26日、石垣市で、市在住の女性、聖紫花の杜の入所者と看護師、かりゆし病院看護師の計4人が新たに…
  2.  石垣市は、老朽化が進む新川市営住宅の建て替え作業に着手する。現在は3階建てで3棟だが、5~9階建て…
  3.  ゴルフ場運営会社「ユニマットプレシャス」(本社東京)が石垣市にゴルフ場を建設する計画で、経済産業省…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…
ページ上部へ戻る