コロナ対策など457億円増額 今年度県予算 休業要請の協力業者支援

 県は28日午後、来月1日に開会予定の臨時議会で、2020年度一般会計予算を約457億3000万円増額する第2次補正予算案を発表した。新たな新型コロナウイルス対策費などを盛り込んだ。
 補正予算案の内訳は、休業要請に応じるなど感染拡大防止に協力した業者への支援に35億円を計上。入院病床確保、患者搬送、オンライン診療のシステム導入など医療態勢構築や、医療従事者の宿泊費支援に21億円を盛り込んだ。相談・検査の拡充には2億円を充てる。
 補正後の一般会計予算額は約8141億3400万円となる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国内外からIT関連企業や団体が参加した展示会「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」(主催・同…
  2.  県は29日、与那国町在住の70代女性が町内で初めて新型コロナウイルスに感染した、と発表した。町は3…
  3.  世界規模の総合観光イベント「ツーリズムEXPO(エキスポ)ジャパン旅の祭典in沖縄」(主催・日本観…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る