コロナで生活に困ったら⑦ 新型コロナの影響に対応する年金制度

 ▽国民年金保険料免除・猶予
 国民年金保険料に関しては、1日から納付困難な人を対象に臨時特例手続きが開始された。国民保険料の免除・猶予に加え、学生納付特例申請制度が用意されている。2月分以降の国民年金保険料が対象。
 同制度を受けるには①2月以降に新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少②2月以降の所得状況が新型コロナの影響がある年の所得の見込みが、同保険料の免除の水準になる見込み―2点を満たす必要がある。
 申請手続きは住民登録をしている市役所・役場または年金事務所に、申請書を提出して行う。申請書類などは日本年金機構のホームページからダウンロードできる。
 ▽厚生年金保険料の猶予
 厚生年金保険料などの納付によって事業継続が困難になる恐れがある場合に、年金保険料の猶予が認められる。同制度は2種類あり、これらが認められると①先送りされた保険料を期間中に分割して納付②財産の差し押さえなどの先送り▽先送り期間中の延滞金の一部免除―が受けられる。
 ▽保険料滞納処分により差し押さえられ現金化された財産の先送り
 保険料などの納期限から6カ月以内に年金事務所への申請が必要。
 問い合わせ先は、石垣年金事務所(八重山を管轄)℡0980・82・9211。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  自民党の座波一県議が八重山、宮古両地方を視察中に新型コロナウイルスに感染したとして、玉城デニー知事…
  2.  幼児教育連携体制推進事業で、石垣市こども未来局子育て支援課は早ければ10月末から、市内の幼児教育施…
  3.  県赤十字血液センターの移動献血が石垣市で11月2日から始まる。例年と異なり、新型コロナウイルスの感…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の海上警備を担当する中国海警局(海警)のトップに、中国海軍で東シナ海を管轄する東海…
ページ上部へ戻る