国際通り、観光客まばら 一部の飲食・理髪店は盛況 休業要請解除後、初の日曜日

自粛解除後も、国際通りを行き交う人は少ない=24日午後、国際通り

 県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解除されて初の日曜日となった24日、久しぶりに晴れわたり、行楽日和になったにもかかわらず、那覇市の国際通りを行き交う観光客の姿はほとんどなかったが、市内の飲食店や理髪店などの一部店舗では活気を取り戻しつつあった。
 国際通りでは、観光客向けの雑貨店や飲食店の多くはシャッターを閉めたまま。土産物店の40代男性店主は「観光客がほとんどいない。(経営は)厳しい」と嘆く。さらに「(国や県に)補償を求めたい」とさらなる経済対策に期待を込めた。
 ただ、全国チェーンのファストフード店やコーヒー店には地元客が入り、宅配サービスを担う店員は、バイクで注文を受けた家庭に繰り返し商品を届けた。
 市内の一部理髪店では予約がいっぱいで、連日接客をする予定という。理髪店の20代の店員は「来週半ばまで満員です」と忙しそうだった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  VERA(ベラ)石垣島観測局の存続を求める八重高生の有志7人のグループ「ベラジニア」と、高校生をバ…
  2.  石垣市立平真小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が22日午後、同…
  3.  さまざまな分野の有識者たちが島嶼地域の課題解決をする場「アイランダーサミット石垣2020」(主催・…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は昨年3月に策定した「沖縄空手振興ビジョン」で示した将来像の実現を目的に、具体的な工程などを定め…
ページ上部へ戻る