石垣牛CFで出荷促進 滞留解消へ初の取り組み JAおきなわ

JA石垣牛への支援を呼び掛ける石垣本部長(中央左)ら=29日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ梯梧の間

 JAおきなわ(普天間朝重代表理事理事長)が29日、島内外からJA石垣牛への支援を募る購買型のクラウドファンディング(CF)プロジェクトを立ち上げた。新型コロナウイルス感染症の影響による石垣牛の需要低迷を受け、JA石垣牛を返礼品とすることで出荷を促進し、出荷滞留を解消する狙いがある。JAおきなわがCFを活用するのは初めて。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  第30回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)のサブイベントで6日、久部良漁港隣の…
ページ上部へ戻る