被災者に日用品送ろう 大川の米盛さん呼び掛け 熊本豪雨

既に集まった寄付品を店内で整理する米盛さん=15日

 石垣市大川でTシャツ店を営む米盛佳織さんが熊本豪雨の被災者におむつなどの日用品を送るボランティア活動を始めた。18日に登野城の大浜信泉記念館で寄付品の持ち込みを受ける機会を設け、賛同者に協力を呼び掛けている。
 寄付を募る品はおむつのほか、生理用品、下着、Tシャツなど。衣類は新型コロナウイルス感染予防で新品に限る。輸送代に充てる現金の提供も求めている。
 米盛さんは被災地の人吉市に女性の友人がいて自宅が被害に遭い、夫、3人の子と共に身内の家に身を寄せている。コロナで県外の災害ボランティアを受け入れられず、泥のかき出しや家の片付けが進んでいないという。
 友人に必要な物を聞いたら生活消耗品を挙げ、寄付品を絞り込んだ。品物は船で運び、日に現地に着く。
 米盛さんは「避難生活は長期化が予想され、消耗品はいくらあっても足りない。八重山の皆さんの優しい気持ちを品物の形にして熊本に届けたい」と話している。
 受付時間は午後2~6時。問い合わせは米盛さん℡090・3702・1351。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る